2010年05月29日

トルコGP予選



戦前の予想通りレッドブルが速かったですね〜
ベッテルがQ3でミスして3位に沈んだものの、ウェバーが3戦連続ポール。
唯一レッドブル勢に食らいついていたハミルトンが2番手。
それよりも何よりも可夢偉、今季3度目のQ3進出!
正直言って3回のフリー走行を見る限りとてもQ3に進出出来るとは思ってなかったので嬉しい驚きでしたね。さすがにQ2までに新品オプションを使いきってしまっていたのか(苦笑)Q3では10番手に終わってしまいましたけど、Q2でミハエル、スーティル、アロンソを上回って9番手につけたあたりに可夢偉の底知れぬポテンシャルを感じさせました。
ここまで決勝でトラブルが多発して結果が残せていないザウバー勢ですけど、可夢偉の3回のQ3進出もそうですしデラロサもQ2進出を殆ど外していないあたり2人のドライバーはよくやっていると思いますよ、ホントに・・・。
明日の決勝は恐らく奇数列に並んだレッドブルがスタートで1−2体制を築いてマッチレースになる気がしますね。そして可夢偉が今季初ポイントを獲得してくれる事に期待します。
おっと明日はインディ500の決勝もあるんですよね。練習走行でのクラッシュで心配された琢磨も無事予選を通過したので04年に表彰台に上がったゲンの良い地で「あのレース」を彷彿とさせるオーバーテイクショーを展開してくれると思います!
posted by ダイナミックT2号 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

モナコGP決勝

色々ありましたけど、雑記を・・・

ウェバー連勝
ウェバーが2週連続優勝でした。それにしても速いのは解っていましたけどウェバーってこんなに強いドライバーだったかなぁ??4回もセーフティーカーが入ってペースを乱されそうな展開だったのですが。それに終始ベッテルを圧倒してましたからね(汗)2戦連続ウェバーに完敗したベッテルは精神的なダメージが心配ですね。

クビサ大健闘
予選でレッドブル勢の間に割って入り決勝でもスタートでベッテルに抜かれはしましたけど、そのベッテルに食らいついて3位入賞。4強に比べて明らかに戦闘力に劣るルノーで見事な走りを見せてくれました!この3位は優勝にも匹敵するくらい価値のあるモノだったと思います。来年フェラーリ入りする噂が出るのも頷けるわ。

ポイ捨て禁止
足回りが壊れて(?)クラッシュしたバリチェロ。怒りのあまりステアリングを投げ捨てたのですが、そのステアリングをチャンドックが拾ってしまう事態に・・・コース外ならまだしもランオフエリアのないモナコですからねぇ。かなり危険な行為だったのではないでしょうか?

ミハエル6位強奪
レース大詰めでのチャンドックとトゥルーリの接触によるセーフティーカーが最終ラップ残り数100メートルで退きましたけど、7位を走っていたミハエルが6位アロンソを最終コーナーでオーバーテイク!今は審議対象になってますけどこれはちょっとアロンソは不注意だったかな?残り数100メートルとはいえレースは続いていたんですから・・・しかも後ろにいたのは良くも悪くも(?)エゲツないミハエルですよ。フリー走行でクラッシュして予選をフイにしたりこの週末アロンソらしからぬミスが目立ちました。

ザウバー(またもw)全滅
うーん、この週末はお手上げ状態でしたね(苦笑)スピードも信頼性もなく低空飛行を続けた挙句に中盤戦を待たずして可夢偉もデラロサもマシントラブルで5回目のリタイア・・・開幕前に好タイムを出していたのが遠い過去の様ですwこんなマシンで可夢偉もデラロサもよくやっていると思いますよ、ホントに。

次回はトルコGPですけど何もなければ恐らくレッドブルが圧倒的な速さを見せて1−2を決めそうな勢いだなぁ(汗)それだけ今のレッドブルの速さは群を抜いてますよ。

追記
最終ラップのミハエルとアロンソの件についてミハエルに20秒ペナルティが出て12位に降格になったようです。
セーフティーカーラインを越えたら追い越しOK、但しファイナルラップの場合は順位キープ・・・でもミハエルが仕掛けた時はレース再開を表すグリーンフラッグが降られていたし・・・うーん、よく解らんw
posted by ダイナミックT2号 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

スペインGP決勝雑記



さっき終了したF1スペインGPの雑記を・・・

レッドブル1−3
予選のタイム差からレッドブルが圧倒的有利かと思っていましたけど、ポールスタートのウェバーが危なげなく今季初優勝を挙げました。ただ終始ベッテルにキレがなかった様に見えましたけどブレーキに問題を抱えていたみたいですね。速いけど相変わらず脆さがあるなぁ・・・ブレーキに厳しいモントリオールやモンツァではちょっと怖い気がしますね。それにしてもブレーキがほぼない状態でミハエルの1秒落ちくらいのタイムで走っていたベッテルは凄い(汗)

ミハエルvsバトン
プライムタイヤに交換してから暫くミハエルはペースが上がらずにバトンの追撃を受けてしまって一見大ピンチに見えましたが終わってみれば、なーんかバトンを掌で転がしていた様な印象もあるんですよね。最後はバトンを引き離して今季最高の4位フィニッシュ。ここまで不振にあえいでいましたけど、新シャシー投入でようやくミハエルにも好転の兆しが見えてきました(その代わりニコはこの週末苦しんでましたけど)。一方バトン・・・現役チャンピオンなのにねぇw

ハミルトン、ドッカン
うーん、何度か見たマクラーレンのホイール破損ですね。07年ニュルのハミルトン、08年スペインのコバライネンと同じ様なトラブルでした。これらのアクシデントに因果関係があるのかは解りませんが。それにしてもハミルトンがクラッシュした時の場内の盛り上がりと言ったら・・・もちろんこれによってアロンソが2位に上がったってのもあるんだけど、やっぱハミルトンは今でもスペインでは大ヒールなんですね(苦笑)ちなみに私は・・・ガッツポーズしただけです(爆)

可夢偉初完走
やっと初完走してくれました。スタートでクビサと絡んで大幅に順位を下げてしまいポイント獲得はならなかったのは残念でしたけど、とりあえず完走してワンステップ。予選でQ3に進出もしたし、レース中のペースも悪くなかったし、ザウバーのマシンもようやく第2グループのマシンと戦えるだけの戦闘力になってきたのかなと思いましたね。ポイントは次のモナコで・・・。

CS現地解説音声
よく途切れましたねwどんな回線使ってたんだろ??

次戦は来週のモナコGP。既存チームと新興3チーム(特にヴァージンとヒスパニア)のタイム差が大き過ぎてあの狭くて短くてエスケープゾーンの無いコースで混走するのはかなり危険な気がしますね。
posted by ダイナミックT2号 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

今日は・・・

毎年書いていますが・・・
今日は世界中のF1ファン、モータースポーツファンにとって忘れられない日です。
セナは天から今のF1を見ながらどんな思いを抱いているんでしょうかね?今年は甥のブルーノもデビューしましたし、セナからF1界を受け継いだミハエルも復帰しました。セナも今シーズンのF1を感慨深く見守っているんでしょうか?
毎年5月1日は↓の動画観てます

posted by ダイナミックT2号 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

中国GP決勝

とりあえず印象に残ったところを箇条書きで・・・

マクラーレン1−2
うーん、気にいらねーwでも雨の中でずば抜けて速かったですね。それよりも雨の中で絶対的有利と目されたレッドブルが失速したのは意外でした。セッティングミスでもしたのかな?
ミハエル
序盤のハミルトンとのバトルでは老獪さをみせてくれましたけど、それ以外は・・・。単純に速さが足りませんね。正直昔のミハエルを知っている者として寂しさを覚えました。
アロンソ
フライングするとは珍しい(驚)でも何だかんだ言って4位入賞するのはさすが。開幕戦以降勝ってませんけど、ポイントリーダーのバトンから11点差。今季のポイント制度ならほとんど差はないに等しいと思います。
ザウバー
深刻を通り過ぎてますね(苦笑)可夢偉はオープニングラップでのもらい事故でリタイアと不運でしたけど、デラロサも7周目でマシントラブルでストップしたのを見ると仮にアクシデントに巻き込まれなくても可夢偉も早かれ遅かれだった様な気がします。「遅い・乗りにくい・壊れる」と3拍子揃った(爆)マシンに資金難・・・今後も苦しい戦いが続きそうです。
posted by ダイナミックT2号 at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

マレーシアGP決勝



甥っ子をあやしながら観てましたwとりあえず印象に残ったところだけ。

レッドブル1−2
やっぱり何もなければ(爆)レッドブル強いですね!ベッテルは今季初優勝ですが、開幕3連勝の可能性もあった事を考えるとここまで勿体なかったなぁ。この優勝でポイントリーダーのマッサから2点差のランキング2位へ急浮上!

アロンソリタイア
走行中もギアトラブルを抱えていたのでそれとの因果関係があるかな?それにしてもフェラーリの信頼性も万全ではないのかも知れません。アロンソにとってみればマッサやマクラーレン勢もそれほど上位フィニッシュしていなかったのが不幸中の幸い。

ザウバー全滅
開幕戦同様にマシントラブルで全滅。最早開幕前の好調ぶりは見る影もありません(苦笑)2台共エンジントラブルでストップしてしまったので、その他のフェラーリエンジン搭載車もこれから気になるところですね。マシンに速さはないし、信頼性もない・・・課題山積ですw

甥っ子
かなり興味深そうに観てましたw伯父である私や父親である弟の血を引いているだけあって甥っ子も車好きなんでしょうか?
posted by ダイナミックT2号 at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

マレーシアGP予選

雨の影響でフェラーリの2台とハミルトンがQ1脱落、バトンもQ2進出タイムこそマークしたものの、その後スピンしてQ2を走れずじまいで17番手と大波乱の予選になりましたが、ウェバーがポールを獲得し、ロズべルグが2位、ベッテル3位という結果になりました。
それにしてもQ1で雨が上がると読んで待機していたフェラーリ&マクラーレンですけど、何でQ1でそんな手法を採るかなぁ?どうせQ1でポールが決まるワケではないですし、いくら天侯が回復に向かうという予想があっても周囲と同じ条件で走ってればQ1で敗退する可能性なんて殆どなかったと思うんですけどね・・・結局予想に反して雨が強くなりQ1で壊滅状態。完全にチームの作戦ミスでしたね。ま、どこぞの勘違い王子みたいにスピンして復帰不能になってしまってはどうしようもないですが(爆)
Q3ではレッドブルがウェバーとベッテルでタイヤを分けましたけど、ややギャンブル性の強かったインターミディエイトを履いたウェバーがポール、フルウェットのベッテルもキッチリ3番手に入り作戦成功wどちらのタイヤを履いても十分に速さを発揮できるレッドブルならではの作戦でしたね。
可夢偉は自身初のQ3進出で9番手。もちろん雨に助けられた部分もなくはなかったのですがチームの作戦やちょっと上向いてきたマシンポテンシャル、ミスをしなかった可夢偉のドライビングで勝ち取ったポジションだと思います。あとは明日のレースで結果を残してもらいたいところです。
あとこの難しい条件の中で5番手に食い込んだルーキーのヒュルケンベルグも素晴らしいですね。そろそろ「ウィリアムズの秘蔵っ子」の実力発揮でしょうか?
明日のレースは何もなければ(苦笑)レッドブル2台によるトップ争いになると思います。あと可夢偉が今季初ポイントなるか、またフェラーリ&マクラーレンの追い上げにも注目したいですね。
また雨でも降ろうものなら大波乱の予感も・・・??
posted by ダイナミックT2号 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

オーストラリアGP雑記



あ〜、ベッテル・・・2戦連続トップ走行中のマシントラブル(涙)
しかも今回はブレーキトラブルによるスピンアウトでノーポイントに・・・。
本来ならばフルの50ポイントマークも十二分に可能だったのに2戦を終えて12ポイントと苦しいスタートになってしまいました。やっぱり今年もレッドブルは「速いけど脆い」マシンになっているみたいです。こんな時にチームメイトのウェバーがしっかり上位で入賞するとまだ良いのですがドタバタとしたレース(最後のハミ撃墜はGJ!!って違うかw)で9位。うーん、やっぱりウェバーがこんなだからレッドブルのコンストラクターズ王座は予想し難いんだよなぁw
今日の殊勲はクビサかな?戦闘力がやや劣っているルノーでフェラーリ勢やハミルトンを相手にタフなバトルを延々続けて自身のポジションを守りきりましたからね!序盤の混乱に助けられたとは言え見事な走りでした。
可夢偉はスタート直後にフロントウィングを何処かで壊して6コーナー手前でウォールに激突、その足で(?)ヒュルケンべルグに体当たりして早々に消えてしまいました。なんか今回の可夢偉はフリー走行からフロントウィングに問題を抱えていましたね。もちろんこれらのアクシデントには何の因果関係もないでしょうけど。それよりもザウバーのマシンのポテンシャルの低さが心配ですね。デラロサは頑張って完走しましたけど、現時点で新興3チーム以外では最もポテンシャルの低いマシンに思えました。
最後に軽く触れておくと勝ったのはどっかの勘違い王子でした。
posted by ダイナミックT2号 at 18:11| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

ベッテル2連続PP&阪神2連勝!



オーストラリアGP予選はベッテルポール、地元のウェバーが2番手とレッドブル初(ちょっと意外w)のフロントロウ独占となりました!
それにしてもレッドブル勢の1発の速さはずば抜けてましたね。決勝ではこの2人に加えてレースペースが速そうな3番手につけたフェラーリのアロンソが優勝を争うと思います。
復帰2戦目のミハエルは開幕戦同様に7番手でしたけど、今回は前回程にはチームメイトのニコとのタイム差もありませんでした。徐々に調子を上向けている感があります。
可夢偉は16番手。チームメイトのデラロサもほぼ同タイムで14番手なところを見ると、開幕戦も似た様な予選順位だったので今年のザウバーの相対的なポジションはこの辺りになっちゃうのかな?前評判はトップ4のすぐ後ろのポジションにつけていると目されていたのでちょっとガッカリですね。

F1予選終了後に阪神vs横浜戦を見てましたけど、城島様々ですね!
その前の打席でも惜しい当たりだったのでもしかしたらサヨナラホームランもあるかなと思ってましたけど、まさかホントに打ってくれるとは(汗)
また苦しいと言われた投手陣も先発の上園が5回1/3を投げて2失点とローテンションに入るのに十分な内容を残しましたし、勝ち投手になった西村も自信に溢れた投球で村田を三振に取るなど良い状態になってきました!
まだ2試合が終わったにすぎないので浮かれるワケにはいきませんが・・・やっぱりどうしてもニヤけちゃいますよね(苦笑)
posted by ダイナミックT2号 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(1) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

バーレーンGP決勝

アロンソ優勝、マッサ2位とフェラーリが復活の1−2でした。フェラーリの1−2って記憶が正しければ08年のフランスGP以来??
でもベッテルのトラブルが無かったらなぁ・・・もちろん終盤の流れを見るとベッテルをアロンソが追い込んでいったと思うんですけど、そこからのバトルが見たかったですね。
それでもトラブルを抱えながら4位でフィニッシュしたベッテルは凄い!最後は自己ベストに近い2分フラットで走ってましたからね(汗)それだけにトラブルが勿体なかったですね。速くて脆いという「ニューウェイマシン」の特徴は今年も健在の様です(爆)
3年ぶりの復帰となったミハエルは6位。予選まではニコにやや水を開けられていましたけど、決勝ではニコに食らいついて最終的には4秒弱の差でゴール。レース中のペースを綺麗に揃え、「ここぞ」という勝負どころではペースを上げたのを見ると41歳という年齢からくる体力的な問題はなさそうですね。後は往年のスピードをどこまで取り戻す事が出来るのか・・・ミハエルの復調如何で今後の展開が更に面白くなりそうです。
可夢偉のザウバーは・・・次回に期待ですねw今回は不発でした(苦笑)ただ全滅という事で信頼性の問題を抱えてしまったのが心配です。
おっと触れるの忘れてた(爆)3位はハミルトンでしたw
とりあえず初戦が終わっておぼろげながら見えてきた各チームの相対的なポジションは・・・
フェラーリ≧レッドブル≧マクラーレン>メルセデス>>ルノー=フォースインディア≧ウィリアムズ≧トロロッソ>ザウバー>>>>ロータス≧ヴァージン>>>>>>ヒスパニア
レッドブルのポジションがベッテルとウェバーの差がかなり大きかったのでちょっと解り難い部分がありましたけど(滝汗)こんな感じになるのかな??ただコースによってこの勢力図がかなり変化しそうなので今年は例年以上に面白くなりそうです。
ちなみにこれから琢磨のインディデビュー戦が始まります!明日は富山出張なんですけど、気になって寝れそうにありませんw誰か代わりに富山行ってくれないかな〜・・・って無理だよなw
posted by ダイナミックT2号 at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

バーレーンGP予選



今季初の予選が終了しましてベッテルがポールを獲得しました!
昨日はあまり目立たなかったレッドブル勢でしたけど、さすがに予選では速さを見せてくれましたね。Q2、Q3と圧巻の走りでした。でもチームメイトのウェバーが6位に終わってしまったのがちょっと意外。ミスでもしたのかな?
2番手、3番手にはマッサ&アロンソのフェラーリ勢が続きましたけどレースペースは非常に速いらしいのでむしろレースでの本命はこちらかも知れません。去年は大不振のシーズンだったフェラーリでしたけど、さすがに今年は立て直してきた感があります。
復帰戦となったミハエルは7番手・・・順位よりもチームメイトのニコに対して全セッションでコンマ2〜5秒遅れているのが気になりますね。やっぱり3年のブランクは大きいのかなぁ?全盛期の憎たらしいばかりの強さと速さを目の当たりにしているのでちょっと寂しさを抱いてしまいましたね。
前評判の高かったザウバーはデラロサ14位、可夢偉16位と戦前の期待を大きく下回る結果に(苦笑)2人のタイムはほぼ一緒なのでこのコースでのザウバーの戦闘力はこの辺りになってしまうみたいですね。どうもバンプ通過時のボトミングに悩まされているみたいなので、コースによって向き不向きがハッキリ出そうです。
その他で印象に残ったのが昨年後半から続くフォースインディアの躍進ぶり。今年のスーティルは予選Q3進出の常連になりそうですし、表彰台にも複数回上がる事だって可能でしょうね。
明日の決勝はペースの速いフェラーリ勢に対してベッテルがどんな戦いを挑むかに注目したいと思います。
posted by ダイナミックT2号 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

F1開幕

いよいよ今シーズンのF1GPが開幕しました。
今日は2回のフリー走行が行われましたけど・・・うーん、解んねーなぁ(苦笑)
今年から給油が禁止になった影響で各チーム走行時のガソリン積載量に大きな差があるみたいでその分タイム差が大きくなってイマイチ各チームの相対的なポジションが解り難くなってますね。
そんな中で前評判の高かったチームはしっかりと上位に顔を出してきてますね。この辺りはさすがだと思うのですがレッドブルが思いの外伸びてこなかったのはちょっと意外でした。ザウバーもかなりボトミングに苦しんでいたみたいだし・・・。
逆にルノー、フォースインディア、ウィリアムズは予想以上に仕上がりが良さそうですね。ルノーはクビサだけでなくルーキーのペトロフも2回目に上位に来ていたので侮れない存在になりそうです。
新チームはどこも走らせるだけで手一杯な状態に見えましたけど、特にろくすっぽテストもしてなかったヒスパニアは完全にコース上の障害物になっちゃってました(汗)15年ぶりにF1界に「セナ」の名とあの黄色いヘルメットを復活させたブルーノ・セナですが、もっと良い環境でデビューして欲しかったという気持ちが強いですね。ブルーノのチームメイトのチャンドックは2回のセッションで1度もコースに出る事のない「アンドレア・モーダのペリー・マッカーシー状態」(古ッ!!)そう考えるとこれらのチームより遥かに短い準備期間でしっかり2台のマシンを走らせたスーパーアグリの偉業ぶりは改めて凄い事だったんだと実感しました。
それにしても新レイアウトになったバーレーンですが・・・

新コース、かったりぃ(爆)

特別見応えのあるコーナーがあるワケでもなく、かと言ってパッシングポイントにもならない連続コーナーがウダウダと続くあのセクションは無理して使う必要があったのかなぁ??
あとフジテレビCS中継のOP、どうにかならんのかいな?ついにCSでも地上波と同じ何だかよく解らんオープニングテーマ曲になってしまいました(泣)「TRUTH」カムバック!!
posted by ダイナミックT2号 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

レッドブル新車発表

レッドブルが新車「RB6」を発表しました。
145242.jpg
145214.jpg

やはりと言うべきか外観は昨年圧倒的なスピードを誇った「RB5」の正常進化版といったマシンになってますね。ま、あれだけ速かったのですから冒険を避けるのは当然ですね。
ただフロントウィングが独特な形状をしているのが目立ちます。あとフロントサイドの「出っ張り」がコクピット直前まで伸びてますけど、旧型車はあそこまで伸びてなかったよなぁ??ちょっと記憶が曖昧ですが(苦笑)
これで主要チームの新車発表が終わりましたけど、テストでこのレッドブルがどれくらいの速さを見せてくれるのかに注目ですね。
posted by ダイナミックT2号 at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

実力をアピール

ルノーがクビサのパートナーにロシアの新人、ビタリー・ペトロフを起用し佐藤琢磨のシート獲得はなりませんでした。
琢磨ファンとして本当に残念なのですが、琢磨自身が諦めない限り私も琢磨を信じて彼のF1復帰を待ちたいと思っています。
ただどんなカテゴリーであれ琢磨の走っている姿を一刻も早く見たいのも事実ですし、琢磨自身ももちろんそうだと思います。
ここは遠回りな様ですがF1に拘らずにとくかく走れる環境に身を置いて「佐藤琢磨はやっぱり速くて優れたドライバーなんだ」という事を満天下にアピールして欲しいですね。それがゆくゆくはF1復帰に繋がってくると思いますし・・・。
琢磨も今年33歳になりましたけど、41歳のミハエルや今年39歳になるデ・ラ・ロサがレースドライバーに復帰したのを見るとまだまだドライバーとして活躍出来る時間は長いと思いますし、ここ最近F1界の中でベテランドライバーの価値も見直されてきているとも思えます。
とにかく今年は琢磨に自身の実力を大いにアピール出来る環境を(F1に限らず)掴んで欲しいと願っています。
posted by ダイナミックT2号 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新車ラッシュ

F1界はここにきて新車発表ラッシュになってます。
まずはメルセデスGPから・・・
144320.jpg
早い話が「スーパーアグリSA10」となるハズだったマシンですねw
去年のマシンをレッドブルの味付けを加えつつ正常進化させたという印象ですね。
インダクションポットが独特の形状をしているのが目立ちます。
次にルノー
144310.jpg
コレは阪神タイガースの広報車なんでしょうか??(爆)
冗談はさておき(滝汗)かなりコンサバな出来になってますね。失敗作に終わった昨年のマシンからもっと大きな変化があると思ったんですが・・・。
大変残念ながら琢磨の起用は見送られましたが、この件に関しては色々書きたい事があるのでこの後に別記事でしたいと思います。
最後に可夢偉がドライブするザウバー
144223.jpg
まずはフロントノーズ薄ッ!!そしてフロントウィングの付け根はかなり独特の形状をしていますね。
ただフロント部分はこれまでのザウバーの無骨なマシン作りが継承されている印象です。
それよりもリア部分はかなり絞り込まれてザウバー史上これまでないくらい洗練されたデザインになってますね。トレンドの「背びれ」もマクラーレン程ではないにしろかなり後方まで伸びています。
ちょっと面白そうなマシンかも??
ただスポンサーロゴが殆ど無いのが寂しげではありますが・・・。
これまで発表されたマシンを見ると去年のマシンから大きく変化したのがマクラーレン、ザウバー。去年のマシンの延長線上にあるのがメルセデスGP、フェラーリ、ルノーになるのかな?あくまでも「見た目」の判断ですが・・・。
メルセデスGPはともかく去年あれだけ苦しんだフェラーリとルノーが果たしてそれくらいの変化で戦闘力を大幅に向上させる事が出来るのかどうか・・・今後のテストの流れに注目したいと思います。
posted by ダイナミックT2号 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

マクラーレンMP4-25発表&早くもBスペック??

フェラーリに続いてマクラーレンも新車「MP4-25」を発表しました。
144179.jpg
144165.jpg
144164.jpg
144166.jpg
第一印象は・・・エグッ!!
特にマシンリア部分のうねりと絞り込みは黒歴史である「MP4-18」を思い出してしまいましたwここまで絞り込んでエンジンの耐久性は大丈夫なのかなぁ??
流行の「背びれ」もリアウィングと一体化するくらい(ここまで伸ばしてレギュレーションに引っかからないのかな?)に伸びています。
フロントは表面が去年のマシンが丸みを帯びていたのに対して今季型はほぼ平面となっていて去年のBMWザウバーを思わせますが、サイド部分はレッドブル風の処理がされています。フロントウィングの付け根はややトヨタに近い感じ??
個人的にこういう「エグイ」マシンは嫌いではありませんw
ただドライバーがこいつらでは応援する気にはなりませんが(爆)

それと一足先に新車を発表したフェラーリですが、早くも心配なニュースが・・・

フェラーリ、すでにF10"B"スペックに着手?

いや、まだ走ってもいないんですが(汗)
もしかしたらシミュレーション段階で大きな問題点が発見されたとか??
とりあえずまだ噂の段階なので走行テストに注目したいと思います。
posted by ダイナミックT2号 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

フェラーリF10発表

フェラーリが今季型のマシン「F10」を発表しました。
144079.jpg
144086.jpg
144084.jpg
144085.jpg
やはりと言うべきかフロント周りはレッドブルRB5に似た形状になってますね。
ノーズの太さは前期型と後期型の丁度中間といったところでしょうか?
マシン後部に目を移すとリアカウル上の「背びれ」が目立ちますね。
ま、このあたりも最近のトレンドに倣ってきたみたいです。
ホイールベースがかなり長くなりましたけど、これは今季給油禁止で大きくなるガソリンタンクに対応するモノなのでこの傾向は全チームに共通すると思います。
カラーリングは前後ウィングとバージボードが白く塗られているのがミハエルがいた頃の絶頂期を思わせますね。私としても赤一色よりもこっちのがカッコ良い気がします。
それにしてもフェラーリが流行を追いかけるなんていつ以来だろう??
これまではフェラーリがトレンドセッターだったんですけどねw
こんなところにもフェラーリの昨年の不振ぶりが見て取れます。
posted by ダイナミックT2号 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

ミハエル復帰とか昔のビデオとか・・・

今更ながらですが(苦笑)これまで触れていなかったのでミハエル復帰のニュースを・・・。

シューマッハの復帰決定!

かねてからの噂通りメルセデスGPからの復帰になりましたが、憎蠅のうすら笑いが容易に想像できて異様に胸糞悪い復帰になってしまいました。
まぁミハエルが「ぶっちゃけ、あの何の役にも立たねー蠅野郎が目障りなんだよね〜」とか言い出して蠅追放・・・って流れになったら思い切り爆笑してしまうんですけどねw
あと以前祖父の一周忌法要のお斎の席に同級生のお店を利用した事を記事にしましたけど、その同級生のお兄さんが大のF1ファンという事で先日一緒に飲みに行ったのですが、そこで90〜92年のF1総集編のビデオをお借りました。
とりあえず90年は見終わりましたけど、セナvsプロストのタイトル争いもさることながらベルガーとマンセル面白過ぎw特にベルガー、サンマリノでのマンセルへの強引な幅寄せ、モナコでのプロスト撃墜、カナダでのフライングスタート、ハンガリーでのマンセル撃墜・・・ハミルトンやバトンがコレをやったらマジで頭に来るんですが、ベルガーだと笑って許せてしまうのは何故でしょう??
posted by ダイナミックT2号 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

F1関係いろいろ

どうも、仕事の忙しさ+大雪による仕事の遅れで更新出来そうになかったので前もってお休みをお知らせしちゃってましたw
この間色々ありましたが、何と言っても可夢偉のザウバー入りが決定したのは嬉しいニュースでした。ま、可夢偉の場合は色々なチームが興味を示してしたみたいなので来季の参戦に関してはあまり心配していませんでしたが・・・。
あとミハエルのメルセデスGP入りがかなり濃厚になったきたそうな。ミハエルの復帰は楽しみですけどチームが憎蠅がいるメルセデスGPだからなぁ・・・あ、ミハエルが入る事によって憎蠅がお払い箱になってチームから放出→生ゴミ入れに直行!!というのなら歓迎ですけど(ニヤニヤ)
最後に昨日片山右京さんが大変な事になってしまったみたいで・・・
右京さんには1日も早く心身ともに回復して欲しいと思います。
posted by ダイナミックT2号 at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

琢磨、ロータス入りならず

昨日の記事の最後に「もしかして我々が待ち望んだ発表があるかも」と書きましたけど、残念ながら実現しませんでした・・・

琢磨、ロータスと交渉決裂

一時かなり可能性が高そうな報道もあっただけに非常に残念ですが、去年のトロロッソの時の事があるだけに琢磨も今回は別のオプションを持って他チームとの交渉を継続させてくれているハズ。
私も琢磨を信じて吉報を待ちたいと思います。
posted by ダイナミックT2号 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。