2010年11月16日

アブダビGP雑記



・ベッテル逆転最年少王座
いやー、07年のライコネンを思い出す様な逆転王座でした。
最後の4戦で3勝、リタイアした韓国GPも実質的には勝ちゲームだった事を考えるとここぞってところの爆発力は凄かったですね。今季大詰めを迎えるまで様々な要因から思う様にポイントを獲得出来ないレースが続きましたけどマシン的に不利と思われたイタリアGPを4位で乗り切った事で流れを掴み取る事が出来たのではないでしょうか?
個人的に嬉しいのは純粋なスピードでヤンチャ坊主のまま王座を獲得してくれた事(あと開幕前の予想が当たった事w)。こんな未完成な王者がいたってイイですよね!まだ23歳・・・ホント底知れぬポテンシャルを秘めたドライバーですね。

・フェラーリ自滅
最終戦を迎えるまでポイントリーダーで唯一自力王座の可能性があったアロンソでしたが、完全にチームに足を引っ張られてしまいましたね。もちろんウェバーを抑え込みたいというのは解るんですけど、なぜそこでもっとマッサを有効的に使わないかなぁ??例えばウェバーがハードタイヤに交換した次の周に直後を走っていたマッサをピットインさせてればウェバーはハードタイヤで熱入れに苦労してたんでしょうから前に出れたと思うんですよ。そうなるとアロンソは心置きなく上を狙えたワケで・・・。結局マッサ、アロンソを最悪のタイミングでピットに入れてしまいアロンソの王座獲得失敗の大きな原因になってしまいました。ミハエル&トッド&ブラウン時代のフェラーリには考えられない作戦ミスですし、チーム力低下が如実に表れたレースだったと思います。
最後にアロンソですがレース後終始抑えられたペトロフにイチャモンをつける場面がありましたけど、こんなレース展開になってイライラしてるのは解るんですが同一周回だったんだしお門違いもいいところです。抜けなかった自分が悪い!

・ウェバー気迫なし
こちらは終始アロンソの後ろを走ってましたが何処かで仕掛けるワケでもなく去年までいた某・日本人ドライバーみたいに(爆)淡々と走ってましたね。最低でもアロンソの前でゴールしない限り王座はないのに何故??少なくとも走りからはタイトル争いをしているという気迫を感じる事は皆無でした。もしかしたら精神的に燃え切らないモノがあったのかな?フリー走行からベッテルに圧倒されていた事も影響していたのかも知れません。それらを差し引いても残念な内容と結果になってしまいました。

・可夢偉入賞ならず
うーん、途中までは良い感じでレースを進めていると思ったんですけどね。バリチェロに抑えられたり、ピットアウトしたばかりのベッテルをオーバーテイク出来ずに逆にクビサにオーバーテイクを許してしまったりした事が大きかったみたいですね。残念ながら04年の琢磨に並ぶ(当時とは入賞のシステムが違うので比較が出来ませんが)シーズン9度目の入賞はならず・・・。それでも今季8度の入賞を果たしたんですから立派ですよ。もちろん開幕前はもっと上を期待してましたけどシーズン序盤におけるマシンの惨状を考えるとよくここまで挽回しました。フル参戦1年目のシーズンとしては上々の出来だったと思うので来季の更なる躍進に期待したいと思います。

ついこの間開幕したと思ったらもうシーズンオフなんですね。このオフはフジテレビネクストの「F1レジェンド89−90(個人的には89年オーストラリアGPが特に楽しみ)」や各チームの新車発表を楽しみにしながら過ごしたいと思います。
posted by ダイナミックT2号 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169542351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。