2010年10月10日

日本GP決勝



先ほど終了した日本GPを箇条書きで振り返ります。

可夢偉7位入賞
いやー、今日一番目立ってました!コース随所でオーバーテイクシーンを連発しての7位入賞。
予選でのミスは勿体なかったのですが、レースで十分そのミスを補って余りある大暴れでした。
しかもレース序盤でプライムをしっかりと使い切るステディさも見せてくれました。
ちなみに日本人の母国GP入賞は04年の琢磨(4位)以来。それだけでなく、これだけ我々を熱狂させてくれる日本人も琢磨以来ですね!次は琢磨以来の表彰台に期待したいと思います。

レッドブル1−2
もう敵なしでしたね。レースでも後ろとの差を見ながらの走りになって明らかに全力になっていないのが見え見えでした(汗)ベッテルが勝ってよりタイトル争いが面白くなったと思います。
それにしてもレッドブルがフロントロー独占から1−2で無事にフィニッシュしたのって今季初めてじゃありませんでしたっけ??

左近健闘
可夢偉同様に左近も頑張ってました。ひたすらディフェンスに徹していましたけど、マシンの戦闘力差をものともせずに一歩も引かない走りを見せてました。
結果は16位でしたけど、左近にとってもベストレースだったと思います。

予選決勝同日開催
昨日の予選が悪天候で04年の鈴鹿同様、今朝に延期になりました。
昨日現地に行かれていた方は気の毒でしたけど、この予選決勝同日開催って予選を見終わったテンションのまま決勝に入れるので個人的にはアリですね。

次は初開催の韓国GP・・・ホントに出来るの??(滝汗)
posted by ダイナミックT2号 at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おしさしぶりであります。
いやいやいや、やっぱ可夢偉ですね。MPVでしょ。
アツかったなぁ、見ていてホント興奮しちゃいました。琢磨がアロンソを抜いた時みたいに興奮しちゃいましたね。
直線スピードが出ない、よってヘアピンで仕掛けよう、うん、ここまでは「理論上」はわかります。それを本番で実行して成功して見せて、しかも何回も。
ふつーはヘアピンでアウトからは抜けないんですけどねw
「気持ち、気合、気迫」なんでしょーね、マシン全体から見えましたね、可夢偉の「気迫」が。
と、同時に、ホントにお客さんを楽しませてあげようといった気持ちが随所に見られるところに凄く好感が持てるんですよね。
土曜日に予選を見に来たファンに本当に申し訳なさそうにしてました。別に可夢偉のせいではないんですけどね、でも「見せてあげたかった、楽しませてあげたかった」といった気持ちが凄く見られるんですよね。う〜ん、いい奴だなぁ。もうっ、ますます応援しちゃうぞっ!!
ちなみに、僕の友達の一人がどーしても土曜日しか見にいけなかった奴がいまして、とても残念がってました。
ちなみに、僕の友達の一人がどーしても日曜日しか見にいけなかった奴がいまして、とても興奮して帰ってきました。
くそっ、コイツ、ラッキー極まりないなぁ・・w

あ、韓国GP、やるっぽいよーな感じっぽいですね。
「大事故」とか「怪我人続出」とかそーいった類は勘弁ですが、まあでもいろんな意味で楽しみですねw

残りあと数戦、アロンソ、頼む、頑張れ〜。
Posted by とみぃ at 2010年10月12日 22:59
こんばんは、今回は可夢偉に尽きますね。
確かにストレートが遅くてシケインや1コーナーでは仕掛けられないからヘアピンで、という発想は解らなくもないですが、まさかそれを実行に移して完璧に成功させるとは・・・いやはや末恐ろしいドライバーですw周回遅れ関係以外でヘアピンであんなにオーバーテイクを決めたドライバーは記憶にありません。
仰る通り可夢偉の走りから気迫が伝わってきてましたよね!やっぱりこういうドライバーは応援のし甲斐もあるというもんですよ!
テレビでもあんなに興奮出来たんですから現地では凄まじい盛り上がりだったんでしょうね・・・生観戦された方が羨ましい。

とりあえず韓国GPはサーキットが間に合ったみたいですね。
初物はいろいろ未知数の部分が多いので楽しみにしたいと思います。

Posted by ダイナミックT2号 at 2010年10月13日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165265162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。