2010年06月27日

バレンシアGP決勝



まず、前回のカナダGPは寝てて見過ごしてしまいました(苦笑)
まぁ1−2はハミルトン&バトンだったのでわざわざ記事にする事もないかと(爆)
さて戦前は今季もっともつまらないレースになるかと思われたバレンシアGPでしたけど(汗)非常に見応えのあるレースとなりました!
優勝したのはポールからスタートしたベッテルでしたが、ライバルが自滅していったので余裕のレースでしたね。
それよりも今回のヒーローは可夢偉です!昨日の予選は2戦続けてのQ1敗退となる18位となってしまいましたけど、決勝ではスタートからプライムタイヤでレースの大半を非常に良いペースで走り切り、残り3周でオプションタイヤに交換するやアロンソとブエミをブチ抜き(驚)7位フィニッシュ!しかもウェバーとコバライネンの事故の際に入ったセーフティーカーの件で5人が審議対象になっていて、もしペナルティが適用となると各人ゴールタイムに20秒加算処分という事になり、可夢偉は計算上4位に繰り上がる事になります!とにかく今回は結果よりも可夢偉がレースを素晴らしいペースで走り、「ここぞ」というところで見事なオーバーテイクを決めてくれたのが何よりも嬉しいですね。ホント07年カナダの琢磨を思い出しました!
そのウェバーとコバライネンの接触ですが、本当にドキッとしましたね。フォーミュラカーの接触で考えられる一番危険なアクシデントだったと思います。とりあえずウェバーに怪我がなくてホッとしました。
次は新レイアウトとなったシルバーストーンでのイギリスGPですが、恐らく昨年同様にレッドブルが速いんでしょうね。あとこれで可夢偉が勢いに乗ってくれれば・・・もちろんザウバーのマシンのポテンシャルを考えるとまだまだ楽観視は出来ませんが今回の快走を一つの切欠にして欲しいと思います。

追記
可夢偉、7位変わらず。

F1ヨーロッパGP 9人のドライバーが5秒加算ペナルティー

5秒加算って・・・ほとんどペナルティになってない(苦笑)
ただデラロサはポイント圏外へ・・・折角の母国GP&今季初ポイントだったのに。
posted by ダイナミックT2号 at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもども、お久し振りです。
えー、意外にも見ごたえたっぷりのバレンシアですが、やっぱり仰る通り可夢偉ですね。
お見事とゆーか、天晴れでした。何がいいって、結果もそーなんですが、最後まで攻める姿勢、一つでも順位を、といった「気持ちが見える走り」ですね。いやいやいや、見ていて頼もしいとゆーか、気持ちいいですね。ラスト2週、最高でした。やっぱ挑戦者はこーでないとね。
で、ウェバーはホントにヒヤッとしましたね。怪我がなくて何よりですが、TVの前で「っぶねっ!!」って叫んでしまいましたよ。
ウェバーもスタート失敗で焦っていたのは分かりますが、ちょっと無理しすぎでしたね。まあ何事も無くてよかったです。
で、納得いかないのが「5秒ペナルティ」ですね。こんなんだったら5秒ペナルティ受けてもピット入ったほーが全然いーじゃないですか。
もしかしたら可夢偉3位に、とか期待していただけにいつもより納得できなかったワケでありましたw
Posted by とみぃ at 2010年06月29日 22:46
こんばんは!
ホント、バレンシアGPは可夢偉のお陰で手に汗握るレースになりましたね。
プライムタイヤで終始速いラップを重ねる安定感と「ここぞ」というところで見せる闘志・・・去年のアブダビ以来の会心のレースだったと思います。
ウェバーは仰る通りスタートでの失敗から全てが狂ってしまいました。ピット作業ももたついてましたし・・・。ちなみに接触はレッドブルとロータスの余りにも違い過ぎるブレーキングポイントが原因だとか。

>納得いかないのが「5秒ペナルティ」ですね
5秒ペナルティなんて今まで見た事も聞いた事もありませんwドライブスルーペナルティのロスタイムが20秒強ですから、それに比べて余りにも軽過ぎると思いますね。
ちなみに予想された20秒ペナルティが執行された場合、可夢偉は4位でした。ま、可夢偉ならいずれ実力で4位以上に入ってくれるでしょう!
Posted by ダイナミックT2号 at 2010年06月30日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。