2010年05月09日

スペインGP決勝雑記



さっき終了したF1スペインGPの雑記を・・・

レッドブル1−3
予選のタイム差からレッドブルが圧倒的有利かと思っていましたけど、ポールスタートのウェバーが危なげなく今季初優勝を挙げました。ただ終始ベッテルにキレがなかった様に見えましたけどブレーキに問題を抱えていたみたいですね。速いけど相変わらず脆さがあるなぁ・・・ブレーキに厳しいモントリオールやモンツァではちょっと怖い気がしますね。それにしてもブレーキがほぼない状態でミハエルの1秒落ちくらいのタイムで走っていたベッテルは凄い(汗)

ミハエルvsバトン
プライムタイヤに交換してから暫くミハエルはペースが上がらずにバトンの追撃を受けてしまって一見大ピンチに見えましたが終わってみれば、なーんかバトンを掌で転がしていた様な印象もあるんですよね。最後はバトンを引き離して今季最高の4位フィニッシュ。ここまで不振にあえいでいましたけど、新シャシー投入でようやくミハエルにも好転の兆しが見えてきました(その代わりニコはこの週末苦しんでましたけど)。一方バトン・・・現役チャンピオンなのにねぇw

ハミルトン、ドッカン
うーん、何度か見たマクラーレンのホイール破損ですね。07年ニュルのハミルトン、08年スペインのコバライネンと同じ様なトラブルでした。これらのアクシデントに因果関係があるのかは解りませんが。それにしてもハミルトンがクラッシュした時の場内の盛り上がりと言ったら・・・もちろんこれによってアロンソが2位に上がったってのもあるんだけど、やっぱハミルトンは今でもスペインでは大ヒールなんですね(苦笑)ちなみに私は・・・ガッツポーズしただけです(爆)

可夢偉初完走
やっと初完走してくれました。スタートでクビサと絡んで大幅に順位を下げてしまいポイント獲得はならなかったのは残念でしたけど、とりあえず完走してワンステップ。予選でQ3に進出もしたし、レース中のペースも悪くなかったし、ザウバーのマシンもようやく第2グループのマシンと戦えるだけの戦闘力になってきたのかなと思いましたね。ポイントは次のモナコで・・・。

CS現地解説音声
よく途切れましたねwどんな回線使ってたんだろ??

次戦は来週のモナコGP。既存チームと新興3チーム(特にヴァージンとヒスパニア)のタイム差が大き過ぎてあの狭くて短くてエスケープゾーンの無いコースで混走するのはかなり危険な気がしますね。
posted by ダイナミックT2号 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。