2010年02月01日

実力をアピール

ルノーがクビサのパートナーにロシアの新人、ビタリー・ペトロフを起用し佐藤琢磨のシート獲得はなりませんでした。
琢磨ファンとして本当に残念なのですが、琢磨自身が諦めない限り私も琢磨を信じて彼のF1復帰を待ちたいと思っています。
ただどんなカテゴリーであれ琢磨の走っている姿を一刻も早く見たいのも事実ですし、琢磨自身ももちろんそうだと思います。
ここは遠回りな様ですがF1に拘らずにとくかく走れる環境に身を置いて「佐藤琢磨はやっぱり速くて優れたドライバーなんだ」という事を満天下にアピールして欲しいですね。それがゆくゆくはF1復帰に繋がってくると思いますし・・・。
琢磨も今年33歳になりましたけど、41歳のミハエルや今年39歳になるデ・ラ・ロサがレースドライバーに復帰したのを見るとまだまだドライバーとして活躍出来る時間は長いと思いますし、ここ最近F1界の中でベテランドライバーの価値も見直されてきているとも思えます。
とにかく今年は琢磨に自身の実力を大いにアピール出来る環境を(F1に限らず)掴んで欲しいと願っています。
posted by ダイナミックT2号 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139984957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。