2009年08月30日

白馬サマーグランプリ

今日(昨日??)白馬ジャンプ競技場で行われた「FIS白馬サマーグランプリ」に行って来ました。
夏のスキージャンプW杯とも言えるシリーズなのですが、ここ最近トップ外国人勢の不参加が多いんだよなぁ(苦笑)今回シリーズランキングトップ10の外国人勢で参加していたのはランキング1位でソルトレイク五輪個人二冠のシモン・アマン(スイス)と3位のロベルト・クラニエッツ(スロベニア)のみ。
対する日本勢はランキング6位の伊東大貴を筆頭に葛西紀明、岡部孝信、竹内拓、栃本翔平、湯本史寿といった海外遠征組に加え完全復活間近の船木和喜らベストメンバーが揃い表彰台への期待が大いに高まりました。
また今シリーズからスタートゲートや気象条件に合わせてジャンプの得点が増減する新ルールが適応されており、果たして観戦するうえで戸惑いにならないかと心配しましたが、結論から言えばこのルールによって選手のかけひきという側面も加わって逆にジャンプを観戦する新たな楽しみになりましたね。
1本目、試技でも120mを飛んだ3番スタートの船木が123.5mをマーク!!途中同じ飛距離を飛んだ選手もいましたが、上記の新ルールにより44番スタートの竹内が飛び終わるまでトップをキープ。これを上回ったのが121.5mを飛んだ45番スタートの湯本。船木に対して飛距離で劣っていますがスタートゲートを低くして新ルールで加点され総合得点で船木を上回りました。直後に同じゲートから飛んだ葛西も123.5mまで飛距離を伸ばしてトップに浮上!!その後はランキング6位の伊東、試技で大ジャンプを見せたクラニエッツ共にそれほど飛距離を伸ばせずに迎えたランキング1位アマンは120.5mで3位。1本目を終えて1位葛西、2位湯本、4位船木、5位竹内と日本勢は絶好のポジションに!私が生観戦した時には日本勢が優勝できないというジンクス(苦笑)を今回こそ打ち破ってくれるのでしょうか??
1本目の上位30名で争われる2本目、1本目で出遅れたクラニエッツが123mを飛んでトップに立ちます!伊東はゲートを上げたにも関わらず120.5mに留まりクラニエッツに逆転を許してしまいました。今回の伊東はやや不発気味だったでしょうか?1本目5位につけた竹内はクラニエッツと同じゲートに戻し123.5mをマークしこの時点でトップへ!!この試合で日本人誰かが表彰台に上がることが確定しました。そして大歓声の中、船木スタート。船木は全盛期を思わせるムササビの様なフォームで126.5mまで飛距離を伸ばしトップへ浮上!!「船木、復活Vか!?」と思ったのですが・・・
1本目3位のランキング1位、アマンが鋭い踏み切りを利用した推進力で飛距離を伸ばし136mという無茶苦茶なジャンプをして船木を逆転!これには思わず「アマン、空気読め!!」と叫んでしまいました(爆)
これは大変な事になりました。この後飛ぶ湯本、葛西は1本目の貯金があるとはいえ生半可なジャンプではアマンの記録を追い抜けないのは誰の目にも明らか。湯本はゲートをどんどん下げて一向にスタートする気配を見せません・・・5段階程ゲートを下げてようやく湯本スタート。
これだけゲートを下げれば120mオーバーでアマンを逆転出来ると思いますが、果たしてそこまで飛距離を伸ばせるか?安定した飛行姿勢で湯本は126.5mを記録!ポイントは・・・アマンを逆転してトップ浮上!!!
これで日本人の優勝が決まりました!あとは湯本か葛西か!?
ゲートをそのままにして殆ど間を開けずに葛西スタート。深い前傾姿勢で葛西は127.5m!総合ポイントでもトップに立ち自身初のサマーグランプリ制覇を達成しました!!
いやー、非常に見応えのある試合でしたけど終わってみれば日本人選手の1−2フィニッシュに船木の復活!!これまで何度かジャンプを生観戦しましたけどこんなに興奮したのは初めてですwちょっと気が早いですけど来年のバンクーバー五輪が非常に楽しみになってきました。
個人戦もそうですが、世界選手権で2回連続メダルを獲得している団体戦も十分金メダルを狙える陣容が整って来ました!あの強かった日本ジャンプ陣が着々と復活に向けて歩んでいると実感出来たのが何よりも嬉しいですね。
↓今日の観戦ポイントから見たジャンプ台。
20090829180850.jpg
↓脇から見たジャンプ台。奥が今日使用されたラージヒル。
20090829182724.jpg
posted by ダイナミックT2号 at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スキージャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126790075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。