2010年08月25日

タイガース球団新記録

タイガースが球団新記録となる22点を挙げ、広島に大勝しました。
途中3−8でリードを許していた時は打線の沈黙もあって非常に嫌なムードでしたけど、7回裏の金本の逆転満塁ホームランで一気に勢いづきましたね。やっぱり打つべき人が打つとチームが盛り上がります!
ただ試合が終わってどうにも心の底からスッキリ出来ない部分が残ってしまいました。
8失点もしてしまった阪神投手陣(特に先発の安藤)もそうですし、2度に渡る平野へのデッドボール(昨日と合わせて3度)や新井への危険な投球で警告試合になった事もそうなんですが・・・
やっぱり一番の要因は終盤の広島の情けなさかな?
8回に大炎上した梅津は最早バッティングピッチャーと化してました。解説者は「プロの投げる球じゃない!」と一刀両断。野村監督はそんな梅津を代えるそぶりも見せず、野手陣も間を取ってマウンドの梅津に声を掛けるワケでもなく哀れ梅津は晒し者に・・・阪神ファンのこっちが「もうピッチャー代えてやれよ」と思ってしまいましたw最後もランナー・天谷が集中力の欠けた走塁でタッチアウトになり何ともしょっぱい幕切れに・・・。
こんなのお客さんから金を取って見せる「プロ」じゃないですよ。もちろん勝負の世界なんだから勝ち負けがあるのは当然ですが例え負けが込んでいても選手も監督も「プロ」なんだという自覚を持って試合に臨んでほしいと思いますし、「プロ」らしくお客さんから金を取れるプレーや采配を見せて欲しいと思います。
タイガースは1日で首位奪回。4連敗中の重苦しいムードも払拭した事で5年ぶりの優勝へ再スタートですね!
posted by ダイナミックT2号 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノア10周年記念8.22有明コロシアム

録画していたものを全部ではないですが、今日ようやく見れました。

ヨネvs小島
うーん・・・ヨネはヨネだった(苦笑)
小島を奇襲したところまでは良かったんですけどね。
でもその後は悪い意味でいつも通りのヨネ。
小島もノア初参戦という事でヨネに付き合ってしまいちょっと試合が間延びした印象が残りました。
最後はラリアット1発で小島勝利!皮肉にもヨネが一番印象に残ったのは最後のやられっぷり(爆)
ちなみに小島は入場曲をかつてに「RUSH」に変更。
「スタイラス」不評だったのかな?個人的は結構好きな曲だったんですけどねw
×ヨネ(ラリアット)小島○

潮崎vs中邑
ノアvs新日本の同世代トップ対決に相応しい激しい試合になりました。
潮崎の豪快さと中邑の的確さがうまくマッチしていましたね。
終盤は中邑が膝蹴りを連発すれば潮崎もラリアットやローリングチョップで応酬。
そんな中、潮崎の大技攻勢をことごとくカウント2で返した中邑の粘りが驚異的でした。
最後は2度目の公開となる「変形ゴーフラッシャー」で潮崎が粘る中邑を振り切りました。
前回のは「変形垂直落下リバースDDT」とも言える技でしたけど、今回はあえて相手を1回転させて受身を取り易い様に改良されてました。
さすがに初期型は危険過ぎる技だったので今回の改良は良かったと思います。
○潮崎(変形ゴーフラッシャー)中邑×

GHCヘビー級選手権・・・杉浦vs秋山
今年に入りその必死さが伝わるファイトでファンの絶大な支持を集めている秋山。
私もその集大成で秋山の王座奪回を期待していたのですが、結果は杉浦の防衛。
もちろん秋山も今持てる力をフルに発揮したのですが、杉浦がそれをガッチリと受け止めたうえで勝利を収めたという印象が残りましたね。もちろんノアの今後を考えたら杉浦が勝って世代交代を進めなければならないのは解っていますが、やっぱり一抹の寂しさも感じてしまいました。
でも過去の実績や栄光をかなぐり捨てて必死に後輩の王者に向かっていく秋山は10年前とは違うカッコ良さがありましたし、そんな先輩の挑戦を王者らしくガッチリと受け止めた杉浦も見事だったと思います。
○杉浦(雪崩式五輪予選スラム)秋山×

試合終了後、潮崎が杉浦に挑戦をアピールし9.26武道館大会で両者によるタイトルマッチが決定。
10周年は終了しましたが、早速11年目のスタートが切られました。
posted by ダイナミックT2号 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | NOAH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。