2010年08月01日

ハンガリーGP決勝

今、終了したハンガリーGPを箇条書きで振り返ってみます。

ベッテル(またも)勝てず
うーん、勝てないですねぇ・・・(苦笑)本来ならば楽勝の展開だったハズなんですが、セーフティーカー導入時の自身のミスが全てを台無しにしてしまいました。スピードはピカイチの今のベッテルが王者になる為に必要なのは勝てる時に必ず勝つ「強さ」なんでしょうね。でもベッテルには「ヤンチャ坊主」のまま王者に登り詰めて欲しいという思いもあったりします。

可夢偉9位入賞
まさか抜きにくいハンガロリンクで23番手スタートから入賞するとは思いませんでした。確かにここ最近のザウバーのマシンのレース中のペースは上位チームに匹敵するものになってましたけどね。今回ポイントを獲得出来た要因はスタートで大幅に順位を上げた事とリスタートでミハエルをパスした事。勝負所を逃さない可夢偉の勝負強さは本当に素晴らしいと思います。後は予選でもっと良いポジションを目指して欲しいと思います。

ミハエル(悪い意味でw)完全復活
未だに速さの面では復活には程遠いミハエルですが全盛期の極悪ぶり(?)は完全復活・・・というより更に磨きがかかっている気さえします(汗)今回は新品ソフトタイヤで追ってきたかつてのポチバリチェロに対してコースサイドのコンクリート壁ギリギリまで追い込む危険極まりないブロックを披露。オーバーテイクに成功したバリチェロも「あれはブラックフラッグ(失格)ものだろ!!」と激怒w結局ミハエルはこの一件でレース後に審議対象になってしまいました。
posted by ダイナミックT2号 at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。