2010年07月06日

小野学氏、死去

我々ジャンプファンにとって非常に残念なニュースが入ってきました。

長野五輪ジャンプ日本代表監督・小野学氏死去

バンクーバーオリンピック直前の特集番組に出演した時にあまりにも体調が悪そうだったので驚きましたが、その後オリンピック本番でいつもの調子で解説をしていましたし、まさかここまで病状が悪いとは思いませんでした。
小野コーチと言えば日本ジャンプ黄金時代を築いた最大の功労者でした。日本チームにV字ジャンプを取り入れたり、F1チームを参考に日本チームを各分野の専門家で揃えたのも小野コーチでした。
解説者としては選手やコーチとしての経験に基づいた非常に理論的な解説をする一方でつい日本人選手に肩入れしてしまい(?)「(外国人選手が飛ぶ際に)ここはもう少しジャンプに不利な追い風が吹いてくれるといいですね」とつい本音を漏らしたり「やっぱり、この選手はトップ10(のポジション)で飛べる選手じゃないんですよ」という毒舌解説に何度も笑わせてもらいました(苦笑)
まだ59歳・・・もっと理論的かつ本音&毒舌解説が聞きたかったですし、それ以上に現在再建中の日本ジャンプ陣に再び黄金時代を築く大きな存在になって欲しかっただけに非常に残念です。
謹んでご冥福をお祈り致します。
posted by ダイナミックT2号 at 20:54| Comment(0) | スキージャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。