2008年04月27日

スペインGP決勝&ノア武道館



スペインGP大荒れでしたが、フェラーリが1−2、一貴が

7位入賞、琢磨も完走して大いに見せ場を作ってくれました。

それにしてもヒヤッとしたのがコバライネンの大事故。

怪我の状態は解りませんが、TVを観る限りでは命に別状が

ないようなので一安心ですね。

また惜しくもリタイアしてしまいましたがアロンソもさすが

元チャンプと思わせてくれる走りをしてくれました。

7位に入った一貴は今季ベストレースでした。レース中も

落ち着いて周回を重ねてしっかり結果を出してくれました。

あとはスタート技術の向上が課題ですね。

琢磨も苦しい状態の中クルサードとのフェアのバトルを

見せてくれ「ファイター琢磨」ここにありを印象付けました。

一方気になるのがマクラーレン。ハミルトンが3位に入りましたが

コバライネンの事故も昨年のニュルでハミルトンが起こした事故

と酷似しているのでマシンの構造に問題がある可能性が・・・。

ここで話題を変えノア武道館ですが、こちらも大荒れでした。

まず現GHC王者森嶋がフォール負け、優勝候補筆頭の秋山組が

健介組に敗れ、最終公式戦で三沢組を破ったバイソン組が

優勝という結果になり次期GHCタッグ挑戦者に内定しました。

バイソンにとってノアでの初戴冠となり、ここまでの苦労が

報われて良かった、と言いたいのですが・・・。

公式戦3戦より小橋組vs高山組の6人タッグが印象に残ったり

優勝を決める一戦が内容がイマイチだったりした事が些か

残念でしたね。特に三沢&小川組は余りにもアッサリ負けて

しまったように思えます。今後このチームが最前線に出てくる

のはちょっと遠慮したいですね。

いやぁ・・・今日はノア武道館からスペインGP決勝まで立て続けで

疲れてしまいました(苦笑)明日ちゃんと仕事出来るかなぁ?(爆)
posted by ダイナミックT2号 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。